スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
2008 紅白大予想
新年おめでとうございます。
コビトけんちゃんです♪

いきなりですが、私はここ数年なぜ新年になると当たり前のように「おめでとう」と挨拶するのか少々疑問に感じてました。
いったい何がおめでたいのか。なんとなく新たな年を迎えておめでたいようなイメージは解らなくもないが、それは理由としては不十分です。
そこで調べてみたところ、色々な説があるものの信憑性が高い臭い理由は、
昔は生まれた時点を1歳として以降1月1日に歳が増えていく"数え年"が一般的にありましたが、要するに皆が一斉に年をとって"おめでたい"という事らしいんです。
また、年末によく使う「よいお年を~」という挨拶は、来年を指す「よい年をお迎え下さい」と捉えられてる事が殆どだと思いますが、本来は今年の残りを指す「よい年をお過ごし下さい」だったそうです。
要するに年末は今でも大掃除等の大変な習慣がありますが、昔はもっと沢山しなければいけない事があり、一般的だったツケの支払い等一年のあらゆるものを清算するのが年末で、「大晦日まで大変ですが、どうか残りの年を無事お過ごし下さい。」といったような意味合いもあり、無事新年を迎えられて「おめでとー!」という思いが強かったようです。

なるほど。自分で整理してみてだいぶ納得できました。
今となっては新年に使うお決まりの挨拶として当たり前に使ってましたが、元を辿るとおもしろいものです。
今頭をよぎったのですが、小さな疑問が浮かぶ度に調べて身につけている人がいわゆる「雑学王」と呼ばれているのかもしれません。
まあこういった事に関して"なぜ"と考え出すと、なぜ朝の挨拶は「おはよう」なのか?等というところまで行ってしまいそうなので今回はこの辺りで自粛させていただきます。
また、以上はあくまで私が調べた結果ですので、真実とは限らない事をご理解いただきたいです。

早いもので今年も残すところ358日となりました。
一年はあっという間ですね。
そこで、迫る大晦日の為に私が真っ先にやっちゃいましょう。
2008年度NHK紅白歌合戦大予想!

去年の紅白は、タイムリーなヒット曲は殆ど無く各歌手の代表曲が多くセレクトされ、また昔ヒットをとばした懐かしの歌手も出演し大いに盛り上げてくれましたが、
今年の紅白はさらにその意向を推し進め、原点回帰ということで美空ひばりや淡谷のり子等昭和の名シンガーを映像で振り返るビデオショーで間違いありません。
視聴率低迷も相俟って莫大なギャランティが発生する生歌は一切無し。
生歌があるとすればムーディー勝山的な一時的にブームを巻き起こした歌う芸人さんが応援に駆けつける程度。
小林幸子さんも今回はさすがにCGで我慢。
ちなみに司会者は当時の名シンガー達をリアルタイムでよく知る生き字引、森繁久彌氏で決まりですね。

まさに外道!!

いやー、こんな紅白見たくありません。
紅白ファンの方が見ておられましたら気分を害された事でしょう。申し訳ないことでございます。
しかしひとつ言いたい事は、紅白が昔のように大晦日のお茶の間を賑す事がなくなったのは、裏番組の企画がおもしろくなった等というのはほんの一要因でかなくて、最大の理由は、
ヒットチャートに上る現代の歌謡曲(J-POP)がつまらない事この上ないからではないでしょうか。
誤解を招かないよう付け加えますと、魅力ある曲は沢山あると思います。
単に視聴率だけを狙うなら、若年層の視聴者をバッサリ切って最近の歌謡曲は無しにすると数字は随分上がる気がしますが、それでは紅白本来の意図が失われています。
低迷する音楽業界、それを救えるのはきっとあの人しかいないでしょう。
そう、あの人。
今世紀最大の預言者。

ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース

スマトラ沖大地震や9・11同時多発テロを10年以上前からその発生年月日までも特定しており、ブラジルのサンパウロから車で二時間ほどの田舎町に住む現在48歳の専門学校教師。
さあ、皆さんも一緒にブラジルの聖地へ避難しましょう。
そして再び Bossa Nova のムーヴメントに火をつけるのです!
コイザ・マイス・リンダ!
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【 2008/01/07 02:37 】

コビトの日常 | コメント(2) | トラックバック(0) |
コビトけんちゃんとサンタクロース。
どうも、赤鼻のサンタクロースです。
今年のクリスマス・イヴはスタンダードに家族とお食事をして過ごしました。
ちょっと飲みすぎで寝てしまい今に至るわけです。

昨日、駅のUSJの広告でクリスマスのイベントが2008年1月6日まで行われているというのを知り思い出したのですが、
世界各国でのキリスト教は一般的にイエス・キリストの誕生した降誕祭である12月25日から、神がこの世に生まれたことが公となった公現祭である1月6までがクリスマスであります。
さすがユニバーサルスタジオなだけに欧米基準なのでしょうが、クリスマス本来の意味を全くといっていい程持たないこの日本で25日以降のクリスマスイベントは盛り上がるのでしょうか。
日本の常識を無視する趣向を私はおもしろいと思うので賛成ですが、実際世間はどうなのでしょう。
そもそも聖書にはイエス・キリストの誕生が12月25日とは記されておらずなぜこの日に設定されたのかというのは色んな説がありますが、
ほんとは違う日だったんじゃないかとか根本的な事を考え出すと、欧米諸国でもクリスマスに関して細かい文化の違いもありますし「別になんだっていいか」とすら思えてきます。

クリスマスと言えばサンタクロースですが、私はサンタさんを小学5年生まで信じていました。
友人から「親が置いてるねんで」と聞かされた時は聞く耳を持たず全く信じませんでしたが、そろそろ大人びてくる年頃です。
現実的に考えて、サンタさんは本当に空を飛んでやってくるのだろうかと疑問を抱き始めてはいました。
そしてその年は"サンタさんが来るまで絶対に起きておいてやろう"と、意地で寝たフリを続けた深夜、ようやくサンタさんが正体を現したのです。
「ゴトン」と玄関の扉の閉まる音がし、誰かが出て行く様子でした。
何となく察しがついてベランダからこっそりと駐車場を覗いてると、両親が車のトランクから何やら取り出しています。
ここで遂に確信してしまいました。
「サンタクロースの正体は、車でやって来てとーちゃんかーちゃんにプレゼントを託し子供のいる家を回っていたのか。だから一晩でこんなにも沢山の家に配達ができるのか・・・」
なんていうメルヘンな都合の良い解釈はせず、サンタクロースの正体はとーちゃんかーちゃんだったという事実を知ってしまったのです。
もちろんプレゼントを枕元に置く時は寝たフリをしていたのですが、この時のひどく胸の締め付けられる感覚は今でも覚えています。

しかしこの年までのクリスマスは私の中で一年で最も心躍る日、本当の夢を見させてくれる日であったことは間違いありません。
野球のグローブ、ファミコンのカセット、天体望遠鏡、素敵なプレゼントを毎年もらいました。
でもなにより、目覚めて手を枕元に伸ばした時そこにある箱の感触、この喜びが一番のサンタクロースからの贈り物なのです。

最近では夢の無い親が増え、ませたガキが育ち、まだサンタさんがやってくる家庭のお子さんに「アホちゃうーん、サンタクロースなんかおれへんでー」と言いふらし早くから夢を潰えさせる悪循環が生まれているようです。
私は長い間サンタさんを信じられて本当に幸せでした。私の姉は中学一年生まで信じていたのでもっと幸せです。
もし私に子供ができた時には、なんとしてでもサンタさんの来るあの喜びを感じてもらいたいものです。
その為なら、紅白の衣装でも白ヒゲでも唐草文様の袋でも何でも身に着けましょう。
そして枕元に夢を届けるのです。

ちなみにサンタクロースの由来はご存知ですか?
教父・聖(セント)ニコラウスからきていますが、
これを繰り返し読み続けると、

セント・ニコラウス

セントニコラウス

センタコラウス

センタコラース

センタクラース

センタークマラース

センタージマラール

センタージマハル

サンタクロース

と、いうわけですね。ありがとうございました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2007/12/25 06:49 】

コビトの日常 | コメント(2) | トラックバック(0) |
コビトちぃと音楽療法
こんばんは、ちぃです☆
久しぶりの更新です。
今日、ニュースの特集で音楽療法が認知症に効果があるというデータが出たというのをやっていました。
ただ単に患者の好きな曲のCDを流すだけでは効果が出ず、音楽療法士や一緒にいる家族が歌った時にのみ効果が出たそうです。
驚きでした。
信頼してる人や親しみのある人が側で歌ったりする事で、認知症の人が安心感を得る事ができるからじゃないかと…。
心の繋がり、信頼関係って、すごい力を持っているんだなと感じました。

以上、コビトちぃでした♪

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【 2007/12/17 20:21 】

コビトの日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コビトちぃのコンディション
こんばんはーちぃです♪

久々に声出しをしました!
約2ヶ月ぶりでしょうか…。
いつも、以前通ってた学校へ行ってやってるんですが、夏休みやらなんやらで全然学校が使えなかったので、こんなに空いちゃったんですよね…。
せっかく7月中旬位までは“おっ!”と思える所まで状態をもってこれてたんですが、やっぱり期間が空いてしまうと全然ダメですね(泣)
息は続かない、体力はもたないとズタズタでした。
でも、ちょっとホッとしたのは、ピッチはそんなにズレてなかった事です。
また2ヶ月位経つと冬休みがあるんで、またまたいい状態にもってこれたかなってところで、学校の長期休みがあります。
まあ、毎年毎年繰り返してる事ではありますが…。
毎回感じる事は、“継続って、ホントに大事なんだなぁ~”

以上コビトちぃでした☆

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

【 2007/10/06 15:59 】

コビトの日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コビトちぃとMr.Children
こんばんは、ちぃです!

Mr.Childrenのライブに行ってきました!
私は普段全くと言っていい程TVに出てるアーティストのライブは行った事がないので、もちろんミスチルのライブも初めてでした。
会場は世界陸上も行われた長居陸上競技場でした。
意外な事に、今までそこでライブが行われた事はなかったんだそうです。
だから、今回のミスチルのライブがそこで行われた、初めてのライブなんだそうです。
まず、そんな記念の場にいれた事にすごく嬉しく思いました。
全部で3時間程だったんですが、時間が経ってもミスチルのメンバーはもちろん、サポートで演奏してる人も全然パワーが落ちなかったので、ほんとにすごいなぁ~と思いました。
みんなのパワーに圧倒されて、ホントにあっという間の3時間でした!
ライブの中で、私個人的にすっっごく嬉しい事がありました☆
「みなさんで歌って下さい」と言われて演奏されたのが、「口笛」。
この曲は桜井さんはほとんど歌わなかったので、超一流のミュージシャンの演奏で会場のお客さんが一体となって歌った訳ですよっ!
私はこの曲が大っっ好きで、専門学校時代、ボーカルの授業で課題曲として練習してた曲です。
そういう事もあって、演奏が始まった時はジ~ンときたし、幸せな気持ちで大声で歌いました。
会場の一体感もすごく感じて、最高でした!
本当に幸せな一日でした☆

以上コビトちぃでした☆

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【 2007/09/29 23:35 】

コビトの日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。